カテゴリー別アーカイブ: 脱毛

中途半端に脱毛すると逆に濃くなる

28歳の女性会社員です。

ある大手人気店に脱毛に行っていたのですが、あまりに人気で全く予約が取れない状況でした。

仕事の関係で、できるだけ土日に脱毛をお願いしたかったのですが、1ヶ月先の予約が全て満席なんてことはザラにありました。

そんな中でたまたま初回と2回目は上手く予約が取れまして、脇と背中の脱毛施術をしてもらえましたので、数日後には毛が抜け落ちてきて見かけ上きれいになっていきました。

でも、そこから一向に予約が取れなくなってしまって、施術した脇と背中はそれ以降、ほったらかしの状態になってしまいました。

もちろん自分自身での処理はしていましたが、数か月経ったあたりからみるみる毛が濃く太くなっていきました。

毛が濃く太くなってきてしまった時期がちょうど夏前頃だったので露出の多い服や、海に行くことが本当に恥ずかしくなってしまってその夏は全く楽しめなかったことを今でも覚えています。

理由はいまだにわかりませんが、脱毛する時は一定期間に詰めてやってしまわないと、逆に毛根を刺激して濃く太くなってしまうことが体質によってはあるようです。

この一件以降は、不人気店でもいいので定期的に予約が取れるお店を選ぶようにしています。

ハサミでムダ毛を処理する時は要注意

ムダ毛の処理や脱毛で使う器具は様々あり、処理をする部位によってもハサミやカミソリ、毛抜きなど色んな器具を使い分けて処理をしています。

例えば、私が定期的にムダ毛の処理をしている箇所が、Vラインです。ある程度はサロンで脱毛をしているのですが、やはり生えている部分は伸びてくるので、定期的にハサミでカットしています。

Vラインのムダ毛は髪の毛並に伸びるのが早いような気がしているのですが、そう思うのは自分だけでしょうか。私のVラインのムダ毛は量も多く、お手入れしないとふさふさになってしまいます。

定期的にハサミで長さなどをカットしているのですが、いつもやりがちな失敗は皮膚までハサミで切ってしまうことです。気を付けてはいるつもりですが、何回かに1回は必ず皮膚までハサミで切ってしまいます。大きく切れるほどではありませんが、ハサミの先でちょっと皮膚を挟んでしまい、小さくですが切れて血が出ます。傷は小さいですが、痛みはかなりあります。

自分でムダ毛を脱毛する場合、やはり慎重に、お肌に負担がないように、傷を付けないように行うことが一番大事なのです。自分でも分かってはいるのですが、回数を重ねるうちに、つい気が抜けてしまい丁寧さが欠けてきてケガをしがちなので、気を付けようと思います。