ハサミでムダ毛を処理する時は要注意

ムダ毛の処理や脱毛で使う器具は様々あり、処理をする部位によってもハサミやカミソリ、毛抜きなど色んな器具を使い分けて処理をしています。

例えば、私が定期的にムダ毛の処理をしている箇所が、Vラインです。ある程度はサロンで脱毛をしているのですが、やはり生えている部分は伸びてくるので、定期的にハサミでカットしています。

Vラインのムダ毛は髪の毛並に伸びるのが早いような気がしているのですが、そう思うのは自分だけでしょうか。私のVラインのムダ毛は量も多く、お手入れしないとふさふさになってしまいます。

定期的にハサミで長さなどをカットしているのですが、いつもやりがちな失敗は皮膚までハサミで切ってしまうことです。気を付けてはいるつもりですが、何回かに1回は必ず皮膚までハサミで切ってしまいます。大きく切れるほどではありませんが、ハサミの先でちょっと皮膚を挟んでしまい、小さくですが切れて血が出ます。傷は小さいですが、痛みはかなりあります。

自分でムダ毛を脱毛する場合、やはり慎重に、お肌に負担がないように、傷を付けないように行うことが一番大事なのです。自分でも分かってはいるのですが、回数を重ねるうちに、つい気が抜けてしまい丁寧さが欠けてきてケガをしがちなので、気を付けようと思います。