中途半端に脱毛すると逆に濃くなる

28歳の女性会社員です。

ある大手人気店に脱毛に行っていたのですが、あまりに人気で全く予約が取れない状況でした。

仕事の関係で、できるだけ土日に脱毛をお願いしたかったのですが、1ヶ月先の予約が全て満席なんてことはザラにありました。

そんな中でたまたま初回と2回目は上手く予約が取れまして、脇と背中の脱毛施術をしてもらえましたので、数日後には毛が抜け落ちてきて見かけ上きれいになっていきました。

でも、そこから一向に予約が取れなくなってしまって、施術した脇と背中はそれ以降、ほったらかしの状態になってしまいました。

もちろん自分自身での処理はしていましたが、数か月経ったあたりからみるみる毛が濃く太くなっていきました。

毛が濃く太くなってきてしまった時期がちょうど夏前頃だったので露出の多い服や、海に行くことが本当に恥ずかしくなってしまってその夏は全く楽しめなかったことを今でも覚えています。

理由はいまだにわかりませんが、脱毛する時は一定期間に詰めてやってしまわないと、逆に毛根を刺激して濃く太くなってしまうことが体質によってはあるようです。

この一件以降は、不人気店でもいいので定期的に予約が取れるお店を選ぶようにしています。

オイル美容でスキンケアしてます。

3cb62f0dcc213d0098dbd6b99b43972e_s
私は45歳の主婦です。
中年という年齢になって、若い時とは肌が違うということを実感し始めた年齢でもあります。
肌質が、硬く透明感のない、そしてシミやシワが目立つ感じになってきたのです。

そこで、オイル美容というスキンケアを取り入れてみたのです。オイル美容って?と思われますが、ただ、自分好みのオイルを使っているだけなのです。

例えば、私のオイル美容方ですが、まず、朝はオイル洗顔をします。

これは手のひらで人肌程度に温めたオイルを顔に塗って軽くマッサージをします。
そしてぬるま湯で洗い流すだけなのです。
ベタつきが気になる時は、石鹸で軽く洗い流す程度なのです。

洗い流した後は、オイルをブースター、導入役として顔に塗り、化粧水をつけます。
オイルを塗ったあとに化粧水をつけても弾くだけで、肌に浸透しないと思われますが、オイルを先に肌に塗ることで、いつもより化粧水の成分が肌へと浸透するのです。

私自身、最初は疑ってましたが、実際に行ってみると、化粧水の浸透がいいのがわかります。
その後は、またオイルで水分が奪われないように塗ります。
これだけと言えばこれだけです。そして頭皮もオイルでマッサージをしてからシャンプーをします。

私のスキンケアで必要なものは、石鹸と化粧水とオイルだけということになってくるのです。

ものすごくシンプルなオイル美容を、半年ほど続けています。

オイルは馬油を使っています。血行促進の効能があるので、シミ、シワへ効果的だと思うからです。

そしてテクスチャーがとても軽く、べたつかないことも気に入ってます。
そして私のオイル美容の効果ですが、まず肌が柔らかくなります。

潤いのある透明感のある肌へと生まれ変わっていきます。

そして化粧のノリが良くなるので、化粧後の肌質は健康的で透明感とシミがないような肌になります。

保湿をされているおかげで、シワが目立たなくなってきました。一番効果を感じているのが、オイルを使った頭皮マッサージです。

半年続けて感じたことは、確実に髪の毛は艶が出てきましたが、髪の毛が増えてきたのです。

これは育毛効果があるということだと思います。
シンプルでお財布にも優しい、オイル美容を取り入れて、私は成功したのではないかと思ってます。

ハサミでムダ毛を処理する時は要注意

ムダ毛の処理や脱毛で使う器具は様々あり、処理をする部位によってもハサミやカミソリ、毛抜きなど色んな器具を使い分けて処理をしています。

例えば、私が定期的にムダ毛の処理をしている箇所が、Vラインです。ある程度はサロンで脱毛をしているのですが、やはり生えている部分は伸びてくるので、定期的にハサミでカットしています。

Vラインのムダ毛は髪の毛並に伸びるのが早いような気がしているのですが、そう思うのは自分だけでしょうか。私のVラインのムダ毛は量も多く、お手入れしないとふさふさになってしまいます。

定期的にハサミで長さなどをカットしているのですが、いつもやりがちな失敗は皮膚までハサミで切ってしまうことです。気を付けてはいるつもりですが、何回かに1回は必ず皮膚までハサミで切ってしまいます。大きく切れるほどではありませんが、ハサミの先でちょっと皮膚を挟んでしまい、小さくですが切れて血が出ます。傷は小さいですが、痛みはかなりあります。

自分でムダ毛を脱毛する場合、やはり慎重に、お肌に負担がないように、傷を付けないように行うことが一番大事なのです。自分でも分かってはいるのですが、回数を重ねるうちに、つい気が抜けてしまい丁寧さが欠けてきてケガをしがちなので、気を付けようと思います。

自分で処理をしていて色素沈着がひどくなった

私が自分で毛を処理していて、すごく失敗したと思ったことは色素沈着がかなり進行してしまったということです。

特に脇の下と脚の色素沈着がひどく、黒いポツポツとしたものが出来たり、お肌が黒ずんでしまいました。

この2つに関してはかなり頻繁な回数でカミソリで処理をしていたので、きっとこのカミソリの使用が良くなかったんだと思います。

カミソリを使っていて、お肌がガサガサになったこともありました。白い粉のようなものが吹いたこともあります。

きっとカミソリを使うことによって、肌には大きな負担を与えていたんじゃないかと思います。

かなりの年数にわたってカミソリで処理をしていたので、色素沈着がかなり深刻な状態になってしまいました。

また、脇の関しては毛抜きを使うこともありました。毛抜きで何本かまとめて毛を抜いていると、力がものすごいかかっているんでしょう、毛穴から血が出てしまうということもありました。

毛を処理することでかなり肌には負担を掛けてしまっていたと思います。

でもそうでもしなければ毛をなくすことができないと思っていたので、その時は仕方ない行動だと判断していました。

その後私は脱毛サロンでそれらの部位を脱毛しました。その後は色素沈着に悩まされることはありませんでした。

結婚式の前日に脱毛で失敗!

夏になると、腕とか足の産毛が気になるので、いつも脱毛するのですが、エステに行くほどお金に余裕はなく、本当はエステで脱毛したいなと思いつつ、自宅で脱毛処理をしています。

始めはカミソリで剃っていたのですが、すぐ生えてくるし、チクチクするから、脱毛クリームを使い始めました。割と丈夫な肌なので、メーカー問わず色々な脱毛クリームを使用していました。

ある時、結婚が決まって、真夏のウエディングを行うことになりました。ドレスはキャミソールタイプで一日中着たいからと思い切って購入。腕の毛も剃らなくちゃと前日から脱毛の準備。

でもその時期、仕事も忙しいわ、結婚式の準備は大変だわでかなり毎日が疲れていた。体調不良にもなりつつ、「明日は結婚式だ早くお手入れしなくちゃ」と脱毛クリームを使い始めた。

いつもの様に塗っていたら、何か肌がチクチク痛い。いつも何ともないのに。でもどんどん肌が痛くなってくる。

「ヤバイ、もう取り除いた方がいいかも」と洗い流し、保湿クリームを塗りました。翌朝、腕を見たら、火傷のカサブタのようになっている!しかも広範囲で!

「今日は結婚式なのに」と顔面蒼白。

ドレスに合わせてシフォンのショールも買って置いて良かった。着付けの時に何とか腕を隠せるようにヘアメイクの方に手伝って貰い、何とか事なきを得たけど、大失敗となった。

今でも笑えるエピソードとして想い出に残りました。

除毛クリームで大失敗

今年で24歳になる私は、女なのに悲しくなるほど足のムダ毛が濃く夏でも長ズボン・タイツは必需品でした。昔はこまめに脱毛していたのですが、なにせ量も多く毛も太いので剃った次の日にはもうチクチクしていて3日後には元通りになってしまうほどでした。これは何をやっても無駄だと思い、隠せばなんともないと割り切りここ2年間は丸っきり放置してました。しかし今年の夏、友人から海に誘われ、さすがにこんな汚い足は人様にお見せできないと思い脱毛をすることにしました。最初は脱毛サロンに行こうとも思いましたが、料金が高いうえになんとなく気恥ずかしくて断念しました。とりあえず、ネットで評判の良い除毛クリームを購入。前述した通り、次の日にはもうちくちくと毛が生えてしまうので除毛クリームを使うのは海に行く日の朝と決めました。そして当日の朝、予定通りあらかじめネットで購入していた除毛クリームでムダ毛処理をしていきます。今までカミソリでしかムダ毛処理をしてこなかったので、ちょっと期待をしつつ待つこと15分。いざ除毛クリームを流してみると、なんと全然処理できてなかったのです。そうです、あまりにも私の毛の量が多く太かったため除毛クリームでは効果が薄かったのです。あせった私はもう一回、除毛クリームを塗って処理してしまいました。これが間違いでした。刺激が強いクリームを時間を置かないで2度も塗ってしまい足は赤く炎症してしまい、ムダ毛の処理もまばらで余計にみっともなくなってしまいました。さすがにこんな足では海に行けないと結局断念してしまいました。今回の経験を経て、初めて使うものはあらかじめテストしなければいけない。そして次はおとなしく脱毛サロンに行こうと思いました。

長年ニキビに悩んでいる方、必見です!

初めてニキビができたのは高校生の時。 とても酷い症状で、当時かなり悩んでいました。

成分にこだわった洗顔フォーム、化粧水、ニキビケア用品、皮膚科でもらった薬など、様々な物を試しましたが効果はまったくありませんでした。

そんな私が実践した美容法をご紹介したいと思います。

【その1】

とにかく保湿! ニキビのある肌に保湿クリームなどを塗ると、よけいニキビが酷くなるイメージがありませんか? 皮膚科の先生に十分に保湿した方が良いとアドバイスされました。

私は皮膚科でもらった保湿剤を塗っていましたが、 前述の通り残念ながら効果はありませんでした。 どうにかしたいと思い、別の物で保湿することにしました。 目を付けたのが、誰もが知っている某有名メーカーの保湿クリームです。

夜寝る前にたっぷりと顔中に塗りつけました。 全身に使えるものなので、ついでに手や首にも。 この美容法を実践して約半年、赤いニキビがたくさんあった顔が徐々にキレイになっていきました。

【その2】

食事の1時間前に水を飲む! 朝起きたらすぐにコップの半分ほどの水を飲みます。 そして約1時間後に朝食をとります。

たったこれだけです。 「水でお腹の調子が整ってから、落ち着いて食事ができる」という感じがあり、効果がありました。

【その3】

睡眠は重要! 昔から言われていることですが、やはり睡眠は重要でした。 ついついスマホを触り、日付が変わってから寝ることが多かった私。

「ニキビを本気で治すなら、しっかり睡眠を取らないと!」と反省し、夜11時までには布団に入るようにしました。 睡眠が足りていなかった時と比べて、肌への効果は絶大でした。

これら3つの美容法はとてもオススメです。 簡単にできるものなかりですので、ぜひお試し下さい!

脱毛失敗事件

仕事がお休みの日遅くまでのんびりと寝ていたら、当時私が片思いしていた人から突然「今から出てこれないか?」と電話で呼び出されました。

好きな人から呼ばれるなんて思ってもいなかったので面倒くさいよりも嬉しい気持ちが勝って支度を慌てて始めました。しかしまだ寝起きでぼーっとしているのもあり、顔剃りの際にうっかり左目の下まつ毛を半分ほども剃り落としてしまったんです…。

とても絶望的でした。こんな顔で行ったら絶対不気味がられる、と思って散々悩んだ挙句近所のドラッグストアへ駆け込みました。手に取ったのは下用の付けまつ毛。

ナチュラルメイク派なので付けまつ毛など上用のベーシックなものしか使ったことがなかったのですが、四苦八苦してなんとか下用の付けまつ毛を装着し、彼の元へ駆けつけました。

すると対面したとたん、「なに今日ケバくない?目がオカマっぽいよ」と彼に爆笑されました…。元々彼はノリが良くておどけた感じに話す人なので、意地悪でそういうふうに言ったわけではないことは頭ではわかるのですが、その時はただただショックでした。

彼に嫌われまいと除毛の失敗を必死にリカバリーしてきたというのに。結局この脱毛失敗事件を引きずってひそかな片思いは終わったのでした。